最近の記事

2010年08月31日

フォッサマグナの意味わかる人?

ども。
4年IT長のkeyです犬

大変、ご無沙汰しておりましたたらーっ(汗)
私ごとですが、近況報告いたしますと、教員採用試験の2次試験も
なんとか終わり、あとは来月末の結果発表を待つだけです。
全然うまくできた感触がなかったので期待はしていません笑

卒論はというと、対象地域の農家の方にヒアリングをしてきましたが、
これから稲作農家は稲刈りの季節でずーっと忙しいようなので、
9月いっぱいはちょっとヒアリングなどは難しいかもとのこと。

予想よりはるかにペース遅れてます。
まずいです。。。
他の4年生のみんなは順調に進んでいるのでしょうか。
軽井沢でのゼミ合宿がどうなることやらふらふら

また、今日まで、院ゼミのフィールドワークに参加させていただき、
新潟県糸魚川市にあるジオパークというものに行ってきましたわーい(嬉しい顔)

ジオパークの説明はこちらから。

糸魚川市は糸魚川―静岡構造線という日本を東北日本と西南日本に分ける
フォッサマグナの西端が通っている場所として有名で、ヒスイの産地でもあります。

こちらがその構造線の境界線↓↓↓

DSC07259.JPG

コンクリートで表面は固められていますが、左側がユーラシアプレートで
西南日本側、右側が北米プレートで東北日本側だそうです。

高校地理の教科書でもフォッサマグナという名前は勉強しますが、
正直なんのこっちゃわかりませんし、私も今回、現地で学習するまで
さっぱりわかりませんでした。

このフォッサマグナは日本列島の成り立ちの歴史に大きく関係していて、
その現物をこの目で見ることができたのは本当に感動ですぴかぴか(新しい)

どういう意味なのかあいまいな方はこちらをご覧ください☆

人文地理ばっかりやってる自分ですが、やはり人文地理も地球表面上の
自然地理的特徴を土台として生起している現象を見ていく学問である以上、
専門がどうあれ、自然地理学をもっとしっかり学ぶことは本当に
大切なことだなーと痛感しました。


と、ちょっとは地理っぽいこともやっているこのごろであります。
お世話になった院生の方々、本当にありがとうございました黒ハート

それではまた、軽井沢で会いましょうるんるん
posted by key at 23:48| Comment(0) | 4年ゼミ>IT長keyの独り言。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。